建築レクチュアシリーズ 217 開催の様子
建築レクチュアシリーズ 217 ゲスト建築家:原広司
U-35 Under 35 architects exhibition 2014 展覧会会場の様子
U-35 Under 35 architects exhibition 2014 記念シンポジウム
U-35 Young Architects Japan. 2015 展覧会会場の様子
U-35 Young Architects Japan. 2015 最優秀作品(内部)
建築学生ワークショップ 滋賀 2011 制作風景
建築学生ワークショップ 奈良 2010 公開プレゼンテーション
dレク 開催の様子
dレク ゲストデザイナー:長嶋りかこ
AAFパンフレット
 特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ
  © AAF Art & Architect Festa info@aaf.ac


知力が集まるレクリエーションを起こすことから始めています

start from setting up recreation to collect brightest intellects


「建築レクチュアシリーズ 217」

文化的な社会の、持続的な発展は誰もが望むことです。それを私たちの使命とし、知力が集まるレクリエーションを起こすための事業の開催からはじめています。
それは、私たちの専門領域でもあります、建築や芸術、デザイン分野のフィルターを通じた、多角的な視野での様々な取り組みを発表し、歴史に連なるような文化の礎となる社会貢献を、わかりやすく示す必要があると考えているからです。

Everyone desires for the sustainable development of the cultural society. Hence, it is our mission to undertake project from setting up recreation to collect brightest intellects.
We believe that social contribution is essential to build up cultural foundation for the future, through various approaches in diverse field, such as our expertise, architecture, art and design.

「建築レクチュアシリーズ 217」 会場の様子

そのような活動を支え推進するのは、文化活動に深い理解を持ち、現代の社会で活躍する方たちです。そして運営をし企画を実行していくのは未来の中心となっていく若い人たちです。それは、これからの時代を担う若い世代の育成、発掘、活動支援を目的にした、レクリエーションを起こす活動の場が必要不可欠だと言えるからです。
文化的な社会貢献から生まれたものが、環境保全やまちづくり、そして建築や芸術に関連する取り組みにつながっていきます。これらを効果的に推進するには、行政などの公的な機関、そして日本を担い世界を知る企業との連携が欠かせません。

Each individual active in the modern society must have deep understanding in cultural activities and be responsible to support promoting these activities. The Center of the future, the current youth, must be lead and run these activities. For this reason, we are responsible to foster the bright future of the next generation through contributing to the society.
Collaboration with the government ministry, community organizations, and world-wide companies are indispensable, in order to effectively promote cultural activities contributing to the society. Sociocultural contributions reflect on environmental protection and community development, even on the individual architecture or art relevant activities.


AAFと連携をすることで

collaborating with AAF


「international u30 idea competition 2013」公開審査会

私たちは創業からの5年間、さまざまな自治体、公的な団体や企業と共に多くの取り組みを実施しました。
例えば、アジア諸国を中心に募り、国立国際美術館との連携で開催をしました、若手提案者による国際アイディアコンペティション「近未来の都市緑化」。わが国を代表し世界的な建築家への登竜門となりつつある「35歳以下の若手建築家による建築展覧会」を企業連携のもと大阪市の推進で連年開催をし、全国の大学生が地域に合宿し、地域の方々との協同のもと、場所の体験を通じて作品を創作する、「学外体験型ワークショップ」のような若い次世代に連なるような新たな地域振興のあり方を地元の行政機関や企業と実施し、提唱してきました。
民間だけでは実現が難しいことも、公的機関との連携実績のある私たちAAFが連携し、密接な協力、運営をすることで実現します。

 

  5 years from the establishment of our organization. We have done numbers of activities along with the local governments, community organizations and corporations.
For example, "green for the future" is an international idea competition for the youth aged under 30 focused in Asia countries, which was held successfully in collaboration with the National Museum of Art, Osaka (NMAO). Whereas "Under 35 Architects exhibition" is an exhibition that stands as the gateway to success for the young architects aged under 35, who will take the lead to better future. The City of Osaka have been supporting this annual exhibition for years. "Architectural Workshop", is off-campus experimental workshop, where college students nationwide gather to camp in one region and exert each creative minds through the experience of the location. Students pursue creation under the cooperation of the local residents, which also implements new way of regional development for having great communication opportunity with the young generations.
The close relation to the ministries and government institutions lead us success in our activities and through this we have achieved strong ties with the society. AAF will take the lead to expand the possibility for the bright future.
「U-35 Under 35 Architects Exhibition 2015」 シンポジウムの様子


共有価値の創造

Creating Shared Value


これまでの「CSR(Corporate Social Responsibility)」活動は効果的なものだったでしょうか。社会に対して、会社に対して、大きな成果を上げることができたでしょうか。
企業の競争戦略論家として知られるハーバード大学のマイケル・ポーター教授が提唱した「CSV(Creative Shared Value)」というコンセプトは事業戦略と社会貢献活動を一致させることによって、企業はより競争力を高め、利益を最大化することができるとし、私たちもこの論述に共感しています。そしてこの考え方は、これからの企業の運営戦略に欠かせないものとして徐々に浸透していき、企業としての特別な存在としてではなく、私たちの生活に密接に関わるようなあり方になっていくと考えています。
CSRからCSVへ。社外から多くの提案、意見を集めながら、同時に皆さまにも考えていただきたいとAAFは思っています。事業戦略と社会的価値の一致を目指し、結果、社会に求められる企業とは何かを探っていくことで、さらなる進化をしていくことを意図しています。私たちAAFを通して、その道を模索していくことが、これからの企業価値の創造につながっていくことを確信しています。
共有価値の創造こそが、社会とともに生きるビジネスのあり方でもあると考えています。

Were the "CSR (Corporate Social Responsibility)" activities effective enough to the society or for the corporate? Were they able to raise great achievements?
Professor Michael Porter of Harvard University, known as the leading authority on competitive strategy, proposed the "CSV (Creative Shared Value)" concept, where we match the business strategies and activities contributing to the society. Hence, this concept lead corporate to increase competitiveness and be able to increase greater profits. This idea will be absorbed gradually since it will be indispensable strategy for conducting the corporation for the future. Soon it will spread into our daily lives, instead of just being a special existence in the company.
From CSR to CSV. AAF encourage people to think while gathering opinions and taking suggestions from the public. We aim to match business strategies and social value that would assist on exploring something that will lead to the future growth, which will be the desirable behavior of one corporate in the society. The persistence in finding the way through will certainly lead to the creation of one's corporate value.
Only Creating Shared Value is measured closely associated to our daily lives while being a business state to the society.

 
「建築学生ワークショップ高野山 2015」 プレゼンテーションの様子

「建築学生ワークショップ高野山2015」 講評の様子

「建築学生ワークショップ高野山 2015」 最優秀作品

「D&DEPARTMENT×AAF レクチュア共同企画 連続トークイベント」


継続的に根幹となる取り組みへの持続可能なコンセプトをつくっていく

Creating sustainable concept to continue the approaching basis


一個人、一企業が取り組むことのできる活動の範囲は、限られたものになります。それは、専門領域以外の周辺活動においては、どうしても知識レベルでの制約が生じるからです。AAFはD&DEPARTMENTとの共催による連続トークイベント「dレク」や、世界で活躍する建築家を2ヶ月に1度、夜の7時にお招きする建築レクチュアシリーズ「217」といった日常にある活動を通じて、多様なスキルや知識をもった専門家との強いネットワークを構築し、根幹となる取り組みの継続を目的に、持続可能なコンセプトをつくり続けています。
聴講される方たちは、建築や芸術、デザイン分野だけではなく、サービス、金融、大学、医療といった専門家も含まれています。つまり建築をハードとして有する事業主をはじめとする方たちにも、このネットワークを広げていくことで、今まで想像もできなかった成果や、異業種のスペシャリスト同士のシナジー効果により、新しい価値を生みだし、豊かでわくわくする時代を創る活動を行っていきます。

「U-35 Glass Architecture Competition 2015」公開審査会

 

 

The range of the activities that one individual or one company can join are bounded by one's field that absolutely constrained by the academic background knowledge. AAF is composed of different skills and background knowledge while having a strong network between the expertise through the activities such as, "d-Lec" - joint lecture-talk sessions with the D & DEPARTMENT, "Under 35 Architects exhibition" - exhibition for the young architects aged under 35, "217" - architectural lecture series that invites global architect once every two months at seven o'clock in the evening.
People from architecture, art, not only in design field, but including services, finance and also experts from the colleges and universities attend the lecture. Expanding these clusters bring unanticipated synergies between the specialists in various fields, and through these effect get ahead in conducting activities creating excitement to the bright future.

「U-35 Young Architects Japan. 2015」展覧会場の様子



AAFではボランティアスタッフを募集しています

We look for volunteer staffs to join AAF
建築・環境・デザイン・芸術の分野に興味のある学生、 設計者やキュレーターで、意欲的に活動していただける方を募集しています。

募集人員 : 若干名
活動内容 : 企画・運営、広報・PR、 事務など
申込方法 : メールにて、氏名・所属・住所・電話番号・メールアドレスを明記の上、
活動にどのように関わりたいか記載し下記メールアドレスにお送りください。
不明な点、質問などありましたらお気軽にお問合せください。
info@aaf.ac

highly motivated students / designers / curators in the field of architecture / environment / art / design are encouraged to join our organization.

number of volunteers : few (limited)
activities :
project management, public relations, office works
application : let us know your motivations and how do you want to get involved with our activities.
please feel free to contact us if you have further inquiries and questions.
send us your thoughts together with the required information (name, company / school, contact number, e-mail address) to the e-mail address in below.
info@aaf.ac




アーカイブ Archive


掲載画像をクリックすると、これまでの開催事業のウェブページがひらきます。
Please click the image to see more about our past events and activities.
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.42 安藤忠雄
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.41 高松伸
90 minutes evening lecture 2016年度第4回
U-35 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2016)記念シンポジウム
U-35 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2016)
90 minutes evening lecture  2016年度第3回
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.40 古谷誠章
建築学生ワークショップ 明日香村 2016 公開プレゼンテーション
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.39 樋口裕康
90 minutes evening lecture 2016年度第2回
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.39 SANAA
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.38 千葉学
90 minutes evening lecture 2016年度第1回
建築学生ワークショップ 明日香村 2016
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.37 難波和彦
建築学生ワークショップ 明日香村 2016
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.36 阿部仁史
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 重松象平
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 田根剛
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 藤本壮介
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 石上純也
90 minutes evening lecture 第4回
U-35 Glass Architecture Competition 2016 公開審査
U-35 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2015)記念シンポジウム
U-35 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2015)
90 minutes evening lecture 第3回
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.35 槇文彦
建築ワークショップ高野山2015 公開プレゼンテーション
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.34 北川原温
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.33 内藤廣
90 minutes evening lecture 第2回
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.32 手塚貴晴
建築学生ワークショップ高野山2015
建築学生ワークショップ高野山2015 開催記念講演会・説明会
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.31 長谷川逸子
90 minutes evening lecture 第1回
U-35 Young Architect Japan. 2015
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.30 藤村龍至
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 柳原照弘
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 関祐介
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.29 原広司
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 五十嵐久枝
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント 服部滋樹
U-35 Young Architect Japan. 2015
U-35 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2015)出展者募集
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.28 山本理顕
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.27 三分一博志
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.26 西沢立衛
U-35 Glass Architecture Competition 2015 公開審査
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.25 トラフ建築設計事務所 鈴野浩一
U-35 35歳以下の新人建築家7組による建築の展覧会(2014)記念シンポジウムI・II
U-35 35歳以下の新人建築家7組による建築の展覧会(2014)
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.24 藤本壮介
U30 Young Architect Japan. 2014 大阪巡回展 開催記念トークイベント
U30 Young Architect Japan. 2014 大阪巡回展
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.23 高崎正治
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.22 吉村靖孝
U-35 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2014)
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.12 五十嵐瞳
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.11 安積朋子
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.10 佐野研二郎
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.9 長嶋りかこ
U30 Young Architect Japan. 2014 開催記念トークイベント
U30 Young Architect Japan. 2014
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.21 塚本由晴
AGC studio × AAF ガラス建築の設計競技
世界建築ツアー ポルトガル
U-30 30歳以下の若手建築家7組による建築の展覧会(2013)記念シンポジウム
U-30 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2013)
Architect vs Fashion in Tokyo talk interaction
国際アイデアコンペティション「近未来の都市緑化」
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.20 平田晃久
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.19 谷尻誠
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.18 石上純也
Young Architect Japan. 2012 開催記念トークイベント
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.8 matohu
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.17
Young Architect Japan. 2012 開催記念対談イベント
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.7 須藤玲子
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.16 石山修武
Young Architect Japan. 2012
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.15 伊東豊雄
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.6 皆川明
U-30 30歳以下の若手建築家7組による建築の展覧会(2012)記念シンポジウム
U-30 30歳以下の若手建築家7組による建築の展覧会(2012)
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.14 坂茂
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.13 藤森照信
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.12 青木淳
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.5 菱沼良樹
U30 Young Architect Japan. トークイベント
U30 Young Architect Japan.
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.11 妹島和世
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.10 岸和郎
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.3 ヤノベケンジ
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.9 小嶋一浩 赤松佳珠子
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.2 高峰格
AGC studio × AAF ガラス建築の設計競技
関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 217 vol.5 dot architects
U-30 30歳以下の若手建築家7組による建築の展覧会(2011)
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.8 西沢大良
建築ワークショップ滋賀 2011
関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 217 vol.4 ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.7 藤本壮介
D&DEPARTMENT AAF 連続トークイベント vol.1 名和晃平
関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 217 vol.3 studio-L
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.6 五十嵐淳
関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 217 vol.2 SPACE SPACE
関西若手建築家展覧会シリーズ Meets 217 vol.1 木村松本建築設計事務所
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.5
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.4
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.3
U-30 30歳以下の若手建築家7組による建築の展覧会(2010)
繁田諭くうかん写真展
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.2
建築ワークショップ奈良 2010
217 [nie-ichi-nana] 建築連続レクチュア vol.1
建築ワークショップ奈良 2010 開催記念講演会
平沼孝啓 建築展



法人概要 about


特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ (日本語表記) PDF版

Art & Architect Festa (英語表記)
AAF (エーエーエフ)(略称)

〒550-0015 大阪市西区南堀江2丁目9-14
電話  06-4390-7056    ファクシミリ 06-4390-7056
E-メール info@aaf.ac  ウェブページ www.aaf.ac
  Non-Profit Organization (NPO)
Art & Architect Festa

2-9-14 Minamihorie, Nishiku, Osaka 550-0015 JAPAN
telephone +81(0)6-4390-7056 facsimile +81(0)6-4390-7056
e-mail info@aaf.ac       website   www.aaf.ac


創業2009年 6月 4日  法人認定設立2010年 6月 4日

許可番号特定非営利活動法人設立認証 (京都) 2府推 第5号の54
特定非営利活動法人定款変更認証 (大阪) 指令市民第1284号
  Founded  June 4, 2009    Establishment  June 6, 2010

NPO Registration Certificate (Kyoto)
NPO Registry Certification Attestation (Osaka)

 

(目的及び事業)

この法人は、芸術及び建築文化の振興に関する事業を行い、それぞれの地域における芸術、デザイン創作活動の支援、及び建築家や美術作家の人材育成を図り、社会における芸術及び建築文化の発展と普及に寄与することを目的とします。
この法人は、上記の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を主に行います。

(1) 建築、芸術、デザイン教育の推進を図る活動
(2) まちづくりや保存の推進を図る活動
(3) 学術、文化、芸術の振興を図る活動
(4) 国際協力の社会的な活動
(5) 前各号に掲げる活動を行う団体の企画運営又は活動に関する連絡、助言又は支援により援助の活動

この法人は、上記の目的を達成するため、次の事業を行います。
 

(Objectives and Goals)

The Organization conduct activities to promote the culture of art and architecture.
We aim to improve social issues behind the design and creative activities in each region, progressive human resource management (Architects and Artists), and contribution to the development of art and architecture culture.

The organization achieve the goals mentioned in above through the following:

(1) to promote architecture, art, and progressive design educational activities
(2) to promote community development and preservation activities
(3) to stimulate academic, cultural and art promotional activities
(4) International cooperative social activities
(5) activities through the support, assistance, interaction between the organizations engaged to the project management or activities.

 

(特定非営利活動に係る事業)

以下は、建築及び芸術、デザインに関連する事業を原則とする。

ワークショップ事業、企画展覧会事業、フォーラム事業、コーディネート事業、コンペティション開催事業、地域再生、並びに保存事業、国際交流事業、情報収集・発信・調査研究事業、建築家・芸術家、デザイナーの創作活動の支援、国内外の建築家・芸術家の発表機会の提供、文化を社会へ繋ぐ各種アウトリーチ活動、都市計画・地域計画、企画及びプロデュース・計画立案・策定調査、博覧会・イベントの企画、コンサルタント事業、その他、この法人の目的を達成するために必要な事業
 

(Activities)

Activities related to architecture and art are listed in below.

Workshop Activities, Exhibition Activities, Forum Activities, Coordination Activities, Competition Activities, Community Redevelopment, as well as Preservation Activities, Global Interaction Activities, Collect and Distribute Information, Research Activities, Support Creative Activities for Architects and Artists, Outreach Activities for the Local and International Architects and Artists, Socio-Cultural Activities, Urban Planning, Regional Planning, Event Production, Design, Research Development, Expositions, Consultations, and Other Activities necessary to achieve the goals of the organization.





役員一覧 NPO/AAF Board Members


(平成27年11月1日現在)

特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタ
NPO/AAF 役員一覧


 

(at November 1, 2015)

Non-Profit Organization Art & Architect Festa
NPO/AAF Board Members

代表理事
 
監事
 
 
理事
 
 
 
職員
 
 
 
運営

 

平沼孝啓  平沼孝啓建築研究所

本多友常  和歌山大学名誉教授
横山俊祐  大阪市立大学教授

幸家大郎  幸家大郎建築研究所
藤木庸介  滋賀県立大学教授
吉村靖孝  明治大学特任教授

田中天 菅谷香世 ニコル・ヌルディ 藤本雅広 中田喜之 松岡智大
渡辺倫子 樋口瑞希 前田真季 梨木美里 大塚悠平 松下光
松本ガートナー祥子

建築、芸術ならびにデザインを学ぶ大学生、院生スタッフ 100名程度

 

Chief Director
 
Supervisor
 
 
Directors
 
 
 
Members
 
 
 
 
Operation

 

Kohki Hiranuma (Kohki Hiranuma Architect & Associates)

Tomotsune Honda (Wakayama University, Professor Emeritus)
Shunsuke Yokoyama (Osaka City University, Professor)

Taro Koke (Taro Koke Architects)
Yosuke Fujiki (The University of Shiga Prefecture, Professor)
Yasutaka Yoshimura (Meiji University, Appointed Professor)

Ten Tanaka Kayo Sugatani Nicole Nurdi Masahiro Fujimoto
Yoshiyuki Nakata Tomohiro Matsuoka Rinko Watanabe
Mizuki Higuchi Maki Maeda Misato Nashinoki Yuhei Otsuka
Hikaru Matushita Shoko Gurtner Matsumoto

Architecture, Art, Design Student Staffs (Bachelors, Masters, Doctorates)
Approximately 100 Staffs (at February 2015)

Copyright 2010-2016 Art & Architect Festa. © AAF All rights reserved. photo : ©Satoshi Shigeta